TSAロックが付いたスーツケースを利用

海外旅行に行くときに飛行機に乗りますが、その時には荷物の検査が行われるので事前にロックを開錠しておく決まりがあります。外していなければ呼び出されたりロックを破壊されたりするので注意が必要でしょう。ただ検査のためとはいえ施錠をしないのは心配かも知れません。そこで使いたいのがTSAロック対応のケースです。数字を合わせて施錠するタイプで、数字が分からないと開けられません。通常は開く状態にして検査に出しますが、TSAロックが付いているときは施錠したまま出せます。これは所定の規格に基づいた鍵で、空港警備員が検査をするときに一定の道具を使うと開けられるからです。これなら開錠するための数字に合わせる必要がありません。

 

荷物が増えた時に対応できるカバン

旅行に行くときは帰りの方が荷物が増えるでしょう。一部現地などで捨てたりするときもありますが、それ以上にお土産を買ってきたりします。行きにカバン一杯に荷物を詰めていると、帰りにそのカバンに余分な荷物が詰められなくなるときがあるので注意しないといけません。行きの時点で少し余裕を作っておく必要があります。どうしてもカバン一杯に詰めがちな人は、エキスパンダブル機能が付いたカバンを用意しましょう。このかばんは収納スペースが変化できるタイプで、荷物が少ない時と多くなったときでカバンのサイズが変わります。行きは荷物が少ないので通常の使い方をし、お土産を入れたいときにはスペースを増やし、空いた部分に荷物を詰めるのが可能です。